• 国際VHF無線機 マリーナ海岸局 「中部マリン無線協会」
  • 海の達人 BLOG
  • 海のバリアフリーまつり
  • 海の運動会
  • セイラビリティ河芸
  • うみの自然体験教室
  • 海の達人講座
NPO法人 海の達人 事務局
三重県津市河芸町東千里854-3
株式会社マリーナ河芸内
TEL:059-245-5001
FAX:059-245-5002

第11回 海のバリアフリーまつり

第12回 海のバリアフリーまつり 2017 開催報告

海のバリアフリーまつりとは

障がい者、健常者がふれあい、協力しあえるイベントに

 全てのイベントは障がい者と健常者が共に楽しむものとして、運営スタッフ、ボランティアスタッフは、一般参加者たちに積極的に声を掛けていき、ふれあい、協力しあえる雰囲気をつくっていきます。
 健常者の参加者には乗船サポートを手伝ってもらう、障がい者の参加者にはサポートの欲しい内容を自分からアピールしてもらうよう働きかけるようにし、積極的に交流をするきっかけづくりをしていきます。

  本年度で第12回目の『海のバリアフリーまつり』は、両日とも天候に恵まれ、障がい者・高齢者・授産施設・健常者を問わず、多数の方々にご来場いただき、盛大に終えるこができました。
 お陰さまを持ちまして、毎回、障がいの有無、老若男女問わず多くの方々にご来場いただき、興味を持って各イベントにも参加していただいてきました。
 開催回数も12回を越え、障がいをお持ちでもボート免許を取得して、釣りに・クルージングにと楽しんでいる方や、ヨットでセーリングを楽しみつつ、レースにも参加したりと、「マリンレジャーを満喫」していただいている方が増え、当初の目標達成において確かな手応えを感じております。
 次回からも、さらに障害の有無、老若男女問わず、多くの方々にマリンスポーツの振興と海のある生活を企画し、提案してまいります。
 今後とも、海のバリアフリーまつりの発展にご理解とご支援・ご協力をいただければ、これに勝る喜びはございません。どうぞ、よろしくお願い致します。

特定非営利活動法人 海の達人
「第12回 海のバリアフリーまつり」実行委員会

開催日時・タイムスケジュール

【開催日時】

9月 9日(土)  10:00~16:00   天候:晴れ
9月10日(日)  10:00~16:00   天候:晴れ
ご来場者数   1,207名

【タイムスケジュール】

来場結果

来場者数(人)

日付 9月9日 9月10日
スタッフ・ボランティア 109 95 204
一般体験乗船 401 602 1,003
合計 510 697 1,207

乗船体験参加者(人)

日付 9月9日 9月10日
ボート 187 236 423
ヨット 101 113 214
ハウスボート 62 88 150
アクセスディンギー 132 220 352
カヤック 133 240 373
615 897 1512

イベント参加者

日付 9月10日 9月11日
海の運動会 60 60
60

イベント内容

乗船体験 催事

乗船体験
操船体験

ボート・ヨット乗船体験
 大型クルーザーおよび、クルーザーヨットをスタッフが操縦し、船体後部に乗船して河芸の海を航行。マリーナの外に出て岸沿いにクルージングを行えます。 サイズが大きく、動きもゆったりしているところから、船や水上に抵抗のある障がい者の方にも安心して乗っていただけます。 一度乗った後に複数回乗船を希望する人も多くおり、潮風の心地よさ、海上を船で進む楽しさを体感していただけます。

ハウスボート乗船体験
 遊覧船として使われる、フラットな甲板と屋根、二階を持つハウスボートでクルージングを体験していただけます。
 甲板の高さが桟橋とほぼ同じで段差がないため、車いすごと乗船していただくことが可能、屋根があることで暑さに弱い方でも安心。  また、多人数の乗船が可能なため、特に知的障害の方たちが多数の仲間たちと一緒に乗船でき、不安なく海上遊覧を楽しめます。

アクセスディンギー乗船体験
片手で船体中央のスティックで舵をとり、片手で帆の張りを調整するロープを引いたり弛めたりして操作する1~2人用の小型ヨット、アクセスディンギーに乗ってもらう(操船してもらう)体験。2011年には全8艇を出して行いました。 はじめての人にはセイラビリティメンバーがついて、二人乗りでマリーナ港内を周遊。経験者、2回目の参加者で、希望する人には1人で乗船してもらうスタイルで 乗船時間はおよそ15分程度。
 小さな子どもでも、お年寄りでも、誰でも乗ることができるということと、2人乗りもできるので不安な人はサポートに乗ってもらえるという安心感からか、幅広い世代の人に気軽に乗っていただけました。また年々認知度が上がり、去年からのリピーターに加え初参加の人も多く訪れてくれているようです。

シーカヤック操船体験
 シーカヤックを20艇用意、マリーナ河芸港内のパドリングを自由に楽しんでもらえます。
 操船が容易なことで幅広い年齢層の方に乗っていただけ、また乗船時間の融通が効くため、1クルーズ30分ほどの時間待ちとなるボートやヨットの体験乗船の合間に乗ることもでき、、多くの方にご利用いただけます。

【海の運動会】

 マリーナ河芸の体験学習のひとつ「海の運動会」のダイジェスト版を毎年「海のバリアフリーまつり」にて開催。「海の運動会」では、いかだレース、カヤックレース、綱引き、玉入れ、パン食い競争などのプログラムを用意し、毎年人気のイベントです。
今年は玉入れとパン食い競争をセレクト、参加者のみなさんは海上での競技の難しさを体感していただき、大いに盛り上がりました。


【バリフリげんき舞】

 今回も、授産施設に通う障がい者の皆さんとその家族、スタッフによるダンスのグループ団体に、踊りを披露してもらいました。 それぞれにタイプの違うダンスで、バリエーションのある演出となり、賑やかな時間です。


【音楽イベント】

バリフリまつりの会場を音楽で盛り上げてくれた「おとのわ」は、地元の音楽家たちが出演するコンサートを主催すること、子どもたちによりよい音楽の体験できる環境を提供することを活動内容とし、地元の人たちが音楽に親しみ、また音にまつわるさまざまなことを楽しめる場所を創ることを目的として活動するNPO団体です。
今年は、県内高校の吹奏楽部によるブラスバンド演奏、地元で音楽活動を行うバンドの皆さんによるミニ演奏会、ちびっ子たちによるダンスイベントやエレクトーン演奏会を開催しました。

【催事・出店】

出店:飲食店 ・ グッズ、民芸品販売
 例年、クラブハウス前に設置したテントで手芸品、工芸品、かき氷、ワイン等の販売を行っいます。また、クラブハウス左手下の通路で福祉車両や福祉カートの展示会を実施しました。 これらの販売や展示の合間に、出店施設の方々にも各種乗船体験や、ダンスの鑑賞等を楽しんでいただけます。マリーナ出張カフェでは、かき氷、ビール、おつまみ、カレーなども用意しております。

福祉車両の展示
 福祉車両の展示、電動カート、電動車いすの試乗体験。

後援
国土交通省中部運輸局 第四管区海上保安本部 三重県 津市  (一財) みなと総合研究財団
(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会 NPO法人海に学ぶ体験活動協議会 (株)中日新聞社
三重テレビ放送(株) 三重エフエム放送(株) (公社)三重県障害者団体連合会
(一財)岐阜県身体障害者福祉協会

協賛
(株)マリーナ河芸  (株)ダイイチ  ヤマハ発動機(株) (株)セリオ (株)第一楽器
ヤマハボート安全会・マリーナ河芸安全会 ヤマハボート安全会・マリーナ河芸安全会 (株)ユタカ開発

協力
四日市海上保安部  (公社)中部小型船安全協会 NPO法人おとのわ セイラビリティ三重(伊勢・津・河芸)
NPO法人セイラビリティジャパン (社福)AJU自立の家  NPO法人伊勢志摩バリアフリーツアーセンター

(順不同)

このページのトップへ